top画像左
top右

返戻率

「学資保険比較・検討サイト」に関連する保険用語『返戻率』に関して解説させて頂いています。「学資保険比較・検討サイト」では賢く保険を利用する為に基本的な保険用語『返戻率』に関して解説させて頂いています。

学資保険を選ぶ際の重要な要素の一つが『返戻率』

返戻率(へんれいりつ)とは

払込み保険料総額に対して受け取れるお金の割合の事です。
「払込んだ保険料」に対する「満期保険金(満期学資金)+祝い金」の割合の事。

一般的な保険の場合

生命保険等の保険契約を途中解約した場合や、 満期を迎えた場合の満期保険金を受け取る金額に対しても使用される用語です。

夢見るこどもの学資保険のプランごとの返戻率の差

例えば、アフラックの学資保険・「夢見るこどもの学資保険」では返戻率が一番良くなるのは10歳払済のプランです。

その分、毎月の保険料の額が増加する事になりますが、ライフプランを検討する上で、 子供が中学校になるまでは余裕がある、という世帯ならば申込みを検討したいプランです。 2012年の時点では10歳払済が115%を超えます(契約者の年齢や諸条件で変わります)。

その他、一般的なプランである180万円プランと300万円プラン(いずれも17歳もしくは18歳払済)でも返戻率は違ってきます。 月々にすると数千円の違いですが、毎月となると・・・微妙に悩むラインです。(というか個人的に非常に悩みました。)

子供さんが複数いらっしゃるご家庭では無理をして、途中で解約せざるを得ないという状況になるのは本末転倒ですが、 資金計画が何とかなるという世帯ならばより高額なプランで加入を検討したいです。

スポンサードリンク