top画像左
top右

告知義務

「学資保険比較・検討サイト」に関連する保険用語『告知義務』に関して解説させて頂いています。「学資保険比較・検討サイト」では賢く保険を利用する為に基本的な保険用語『告知義務』に関して解説させて頂いています。

学資保険に限らず保険関連で重要な言葉の一つが『告知義務』

告知義務(こくちぎむ)とは

契約などに際して契約者と被保険者には過去の病歴、現在の健康の状態、 職業などありのまま正しく保険会社に知らせる義務があります。 適切な保険契約を実行する為に必要な義務の事です。

風邪でお医者さんに診てもらった場合は?

個人的にもちょうど学資保険を契約する直前に風邪をこじらせて病院へいった時期でした。 しかし、お医者さんに診断してもらい、処方された薬を服用して症状は改善したので全く問題はなかったです。

告知欄にはこうした経歴を記入する欄がありますので後々面倒になる事を避けるために正直に記入するようにしたいです。 過去の病歴や現在の健康状態の状況によっては保険の契約ができない可能性もありますので、 勝手に判断せず、判断が難しい場合は保険の代理店やお客様コールセンターなどで確認する事がベストです。

ちなみに、通常ドラッグストアなどで購入した市販の薬の服用は過去の病歴などには該当しません。 ですので当然告知欄には記入する必要はありません。 意外と多い、間違いだそうです。

後は、職業などの正確に記入する必要があります。これは職業によっては危険を伴う作業を行う頻度などが違うためです。 通常、一般的なサラリーマンであれば問題はないですのでここも正直に記入したいです。

スポンサードリンク