top画像左
top右

約款

「学資保険比較・検討サイト」に関連する保険用語『約款』に関して解説させて頂いています。「学資保険比較・検討サイト」では賢く保険を利用する為に基本的な保険用語『約款』に関して解説させて頂いています。

学資保険に限らず保険関連で重要な言葉の一つが『約款』

約款(やっかん)とは

「契約についての取り決め」を記載したもの。 一般的な個人を対象にした保険のほとんどは小冊子などにまとめられており、保険契約者が必ず確認できるように配布されています。

細かい字が多く小難しい内容になっている事が多いために、実際には多くの人が真剣に目を通す事が少ないです。 しかし、各保険会社も色々と工夫はしている状況です。 例えば、アフラックの夢見るこどのも学資保険では「契約のしおり」と同じ小冊子にまとめられています。

約款の定義は結構難しい

約款の定義をまとめる事は難しいですが、要は契約の取り決めを記載したもの、という考え方が基本です。 さらに、消費者が一方的に著しく不利益を被るような内容が記載されていたとしてもそれは無効になるという考え方が基本です。

実際に、保険の契約などを幾つか経験した人でも契約の内容をすべて確認する事は難しいです。 要点と重要なポイントを重点的に確認する事が一般的です。 そういった意味ではある種、約款を熟読する機会というのは意外と少ないと言えるかもしれません。

学資保険の場合は、基本的には返戻率と子供の保障の面などが最重要ポイントです。 これは契約前に重々確認する方がほとんどですので問題ないでしょう。

保険証券と約款や手引は一つまとめて保管する事がベター

保険は性質上「何かあった時」に初めて有難味を感じる仕組みになっています。 ですので、自分の加入している保険がどういった事項をカバーしているかなどの確認が容易に可能な様に、 約款や保険証券、手引きなどは必ず一つのファイルで管理したいです。

さらに、年度ごとに微妙に保険自体の内容も変化する事も多く、古い資料などはこまめに整理する事がベストです。 その一つの目安は、新しい手引きや約款が届いたときに行う事が最も良いタイミングであると言えます。

スポンサードリンク