top画像左
top右

いつ頃加入した人が多いの?

学資保険を比較する際には返戻率の他にお子様の年齢などの申込み時期も重要な要素です。学資保険を比較しているご両親にとって気になる最適な申込み時期とヒントを記載しています。

学資保険の利用するならば早い時期の方がベター?

保険の加入時期に関しては、 最終的な返戻金の金額が同じとするならば、子供さんが生まれてすぐの方が毎月の保険料の負担が少なくて済みます。

加入時期に関しては、きちんとした統計を取ったわけではないですが、 多くの方の意見をまとめるとお子様が0〜2歳ぐらいの時に加入した方が多いです。

加入年齢での保険料の違い

加入時期での保険料の違い

※上記はあくまで掲載時期の数字です。申込の際には必ず公式サイトでご確認下さい。

保険料の負担は軽く満期額の設定は少しでも高く

上記の表をご覧頂ければ一目瞭然ですが、加入する時の子供さんの年齢で保険料は異なります。 さらに、これは180万円設定での一例です。

ソニー生命でもアフラックでも0歳で加入する場合と、 5歳で加入する場合では3,000〜4,000円ぐらいは金額が違います。

当たり前の話ですが、 学資保険は学費が一番必要な時期である17歳〜22歳ぐらいに返戻金(給付金)が支給されるように設定されます。

重い負担の教育費

加入時期での保険料の違い お子さんが18歳になるまでに100万円の預貯金を貯める一例。 加入年齢で下記のように保険料の額が変わります。

つまり払い込みの期間がある程度限定されます。 ですので払い込む期間が長ければ、それだけ月払いの保険料の額は少なくて済むのです。

理想はお子さんが生まれると同時に申込を済ませて、 満期額の設定は可能な限り高目に設定する事と言えるでしょう。

学資保険を契約できる年齢とは

学資保険は何歳から何歳まで申込可能ですか?
契約ができる年齢は、契約する保険会社によって違います。 さらに、満期の時期、保険のタイプ、保険料の払込方法、契約者の性別などによっても異なります。

基本的に契約できるのは子供さんが生まれた後になりますが、 保険会社によっては出産前の加入も取り扱っている場合もあります。

その場合は、出生前加入特則などの取り扱いになったりします。 また、被保険者となられるお子さまの出生予定日の何日前から可能であるか、 という点も各保険会社の公式サイトでその都度確認する必要があります。

さらに、契約が出来るお子様の年齢の条件も各保険会社でまちまちですので、 こちらに関しても公式サイトで確認して頂くか、直接お問い合わせして頂く事が確実な方法と言えます。

例えば、人気の学資保険の一つであるソニー生命ならばお子様の年齢が満0から満11歳の範囲で契約可能です。 一方で、アフラックの学資保険はお子様の年齢が0歳から満7歳まで契約が可能という事で、やはり違います。 (それぞれ保険のタイプなどで色々違ってきます。)


ご契約者の年齢も確認が必要です
平均的な年齢構成のご家庭の場合は気にされなくても構わない場合がほとんどですが、 ご契約者の年齢も保険会社によって条件が異なります。

つまり契約される方の年齢にも一定の年齢以上は契約の条件外という扱いになる可能性があるということです。 年齢的に高齢の親御さんが学資保険を比較検討される場合は、注意したいポイントと言えます。

これは契約される方の年齢があまりにも高齢になる事を避けたい、 という保険会社の方針などで変わってくると言えるかもしれません。

多くの場合は、 保険料払込免除特則を付加しない場合や一時払いのプランを選択するとその条件がある程度ゆるくなる傾向があります。

一般的にご契約される方の年齢が高齢になるほど月払いの保険料の額は高くなる傾向にあります。 しかし、他の条件などと比べると、それほど大きな差異では無い事が多いですので、 気にし過ぎる事の無いようにしたいものです。

スポンサードリンク