top画像左
top右

学資保険 ランキング

学資保険を比較したり検討する場合にはランキングサイトを利用する事も多いですが注意する点も存在します。学資保険を賢く比較・検討する為の上手なランキングサイト利用法の注意点とは何かを解説させて頂いております。

お勧め第一位が自分に最適でない事実

この語句で検索してくる訪問者は学資保険ついてある程度情報を収集している可能性が高いと思われます。 しかも、申込先を検討しているレベルで今更学資保険はうんたらかんたらという話は必要ないと思います。

ただ、ランキングサイトを利用する際には注意点が存在します。 ですので、そういった注意点を十分理解して上手に利用したいものです。

口コミやランキングサイトを鵜呑みにする危険性

多くの人が『 わかりずらい 』と考えてしまうのが学資保険選びの傾向です。 たくさんの保険会社が、どのような保険を扱っているのか?という事を調べるだけでもかなり手間と時間が掛かります。

だから多くの人が『 他の人の評判 』や『 加入の目安 』を知る手段として口コミやランキングサイトを参考にするのです。

しかし、正確できちんと集計された様なランキングサイトは意外と少ないのが現実です。 「学資保険 ランキング」と検索ボックスに入力して情報を収集していただければお分かりかと思いますが、 情報収集できそうな優良なサイトは上位のほんの数個だけです。

当サイトではそのようなランキング形式での情報提供は、 他の優良なサイト様にお任せします。 そして、そういったものとは別の切り口で役に立つ情報をご提供させて頂ければと考えております。

当サイト人気 こども保険(学資保険)


アフラックの学資保険 「きちんと教育費を準備しておきたい方におすすめ」というアピールポイント通り、貯蓄性を重視した商品です。貯蓄性を重視する方に人気です。
ソニー生命の学資保険 ライフプランナー方が個々のご相談に応じてくれる点と、保険料や学資金を設定しながら保険プランを設計する事が出来る点が多くの人に支持されています。
太陽生命のこども保険 「返戻率も100%以上」確保されていて、教育費の負担が大きい高校・大学進学時に重点的なサポートを置いている学資保険です。

学資保険を比較する際のポイント

ただでさえ同じような内容の保険がたくさんあるのに、それらをじっくり比較するとなると意外と難しいです。 散々迷った挙句にとんでもないプランで申込みをしてしまったという人も実際にいらっしゃいます。

当サイト別ページ 『 ポイントを抑えた選択の為に 』 で解説させて頂いていますが、まずは目的を明確にすることです。 その場合には、以下の項目を参考にして頂くと分かりやすくて良いかと思います。

無理なく保険を続けられるプランが存在するか?
学費の積立がしっかりとできるか?
保険料払込免除の特約の有無を確認
子供さんの保障の面はどこまでを考えるか?

上記の項目の中では、最終的な積立額をいくらで設定するかという点と、 支払い保険料の学はどれくらいまで大丈夫かという事が重要になってきます。

たとえ検討している学資保険(こども保険)が世間的に人気があるプランであろうが、 なかろうが、自分の世帯の家計の事情などにそぐわないモノであれば、 最適ではないという事を忘れないようにしたいものです。

例えば、世帯の年収額が500万円の世帯と1000万円の世帯では目線が違うのです。 毎月の保険料支払額が3万円ぐらいで妥当、と捉えるか、3万円はキツキツ一杯と考えるかの違いなのです。

総合的に見れば一要素だけを比較するのは危険?

当サイトのような比較・検討サイトで情報収集をされている方の多くは、 すでに色々な情報を収集しておられるのではないかと思います。 そして総合的な条件を吟味できる知識を持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

たくさんのローン比較・ランキングサイトや口コミサイトで情報が収集した結果で、 じっくりご自身の世帯に合った保険を検討している場合は別として、 情報収集が十分でない場合や少しでも不安な点がある内は申込み先の選択に焦りは禁物です。

スポンサードリンク