top画像左
top右

最適な学資準備の計画とは

学資保険を学費の積立の手段として考えるならばお祝い金の支給額と時期は重要です。学資保険で学費の積立を行う際のお祝い金の設定方法に関するヒントや学費の準備の計画のヒントを提供させて頂いています。

学資保険の選び方とプランの設定方法の目安

初めて学資保険の申込先を選ぶとなるとなかなかどれが良いのか分からない、という方も多いかもしれません。 ここでは学費保険の申込を前向きに考えているご両親に学費の積立計画を考えるヒントと考え方を解説させて頂いています。


計画的な学費の準備の必要性

現在では、統計的に見て平均的な家庭の子供さんの数は二人という割合が高く、 さらに子供さん同士の年齢も近いケースがほとんどです。

その場合、 二人のお子さんが同時に大学や高等学校に進学するとなれば、 年間の教育費は200万円から350万円必要になる場合もあります。

いざとなれば教育ローン(進学ローン)などを利用すれば家計のやりくりは出来るかもしれませんが、 借りたお金に対する利息を考えると、とてももったいない話です。

そんな将来的な学費の不安に対する備えの一つが学資保険です。 ただし、これはあくまで選択肢のひとつです。 独自に積立貯金などが継続できる人はそちらの選択肢を選んでも全く問題ないです。

ただし、学資保険が多くの人に選ばれる理由も存在します。 学資保険を利用するメリットは申し込み時に将来受け取れる給付金の額が決まっている事です。 そしてもう一つは契約者(世帯主・父親など)が亡くなった場合でも学費の給付金が契約時通りに受け取れるという点です。

ここでは学資保険を利用した学費の積立に関して、 もう少しだけ詳しく解説させて頂きたいと思います。

学資保険を申込む前にプラン設定を考える為のヒント

下の図は一般的な学資保険のお祝い金(給付金)の支給例のイメージです。

学資保険と給付金のイメージ 学資保険と給付金のイメージ

よくある疑問などをまとめています。参考にしてみて下さい。


どの学資保険でもお祝い金の金額と時期は決まっているのでしょうか?

お祝い金が支給される時期は保険会社によっても違いますし、設定プランによっても違います。 もちろんその金額も申込時の設定プランによって大きく変わります。

一般的には、高校入学から大学卒業までが一番学費の負担が大きくなります。 特に大学への進学に関しては、授業料や入学金だけでなく、 自宅外通勤などの場合は居住費用なども多額になったりします。 ですので、その時期にあわせてお祝い金が支給されるように設定する事が多いです。

学費が必要な時期というのは基本的にいつでしょうか?

答えは簡単です。入園、入学時期です。 そうです、学資保険を学費の積立目的に利用するならば、 学費が必要な時期にお祝い金など必要額もらえる商品をチョイスする事が基本的な考え方です。

返戻金額の設定などによって毎月(半年・一年)の支払額が大きく違う場合もありますし、 保険の保障内容によっても払い込み額は違ってきます。 さらには申込時のお子様の年齢によっても決められた支払方法の支払額は違ってきます。

申込時のプラン設定を考える際の注意点

学資保険やこども保険は、 給付金が支払われる時期は各商品によって異なる、という事は前述させて頂いた通りです。

では『 支払った分がすべてお祝い金として戻ってくるの? 』というと、 それも各保険会社によってまちまちなのです。

詳しくは当サイト別コンテンツ きちんと見極めたい返戻率 で説明させて頂いておりますが、 学費の積立目的で保険を選ぶならば「返戻率」と呼ばれる数字に注意して比較・検討を行う必要があります。

家計の状況から掛け金を考察

こども保険(学資保険)が必要かどうか疑問に感じているという人は このコンテンツを参照して頂ければ少しはヒントや方向性などが見つかるかもしれません。

学費の準備は早い時期から無理なく計画的に行う事が基本

お子さんが小さいうちから家計を見直し、 無駄を省いてきちんと計画的に貯蓄すればそれだけ将来的な負担は減少します。 だからといって無理をして現在の生活が窮屈に感じられる事も避けたいものです。

実は多くの世帯が、子供さんの学校教育の終わり、つまり大学や高校の卒業時を色々な節目にしています。 子供さんが社会に出て初めて自分達の老後や住宅ローンの残高返済などの事を考え始める場合が多いのです。

定年までもう数年しか残っていないという事で教育ローンを借りて住宅ローンを繰り上げ返済するか? 学費を預貯金でやりくりして住宅ローンの返済を定年ギリギリまで行うか?などの選択を迫られていたりするのです。

子供さんが小さいうちから銀行や郵便局に貯蓄してもいいですが、 この低金利の世の中では、預けた以上にお金が増えることはないです。

子供さんの教育費とご両親のライプラン、マイホームへの夢などはどれも単純に比較できるものではないです。 しかし、無理なく・少しずつ・計画的に物事を進めて将来への負担を減らす努力は行いたいものです。

スポンサードリンク