top画像左
top右

学資保険の必要性とは?

学資保険に加入する際の必要性は申込以前に一番最初に考える事です。当コンテンツでは学資保険の加入前に、ご自身の世帯で保険の必要性を検討する為のヒントと考え方を提供させて頂いております。

そもそも学資保険は必要なのでしょうか?

素朴な疑問ですが各種保険に関しては根本的に本当に必要かどうか? という事を考える事も重要だったりします。 当然学資保険についても同じ事が言えます。

世間一般では学資保険以外にも、保険などの保障をカバーする事と学費の積立の手段は存在するのです。 下に記載させて頂いている方法などは実際に多くの親御さんが、 実践している方法なのです。

学資保険の代替選択肢を考えてみる

 学資保険の機能          代替選択肢・他の方法
両親の保険的な面 ▼親御さんが掛け捨ての生命保険などに加入する
掛け捨て保険ならば保険料を安く抑えることができます。さらにその場合は保険料が少なくても、万が一の時に所定の保障を受ける事も可能です。
貯蓄性(学費など) ▼積立や定期預金で毎月貯蓄する
ネットバンクや金利的に有利な条件の金融機関で将来の学費を貯蓄する方法も一つの手です。
子供の保険的な面 ▼共済などの掛け捨ての保険などに加入する
共済などでは毎月数千円でそれなりの保障が受けられます。メジャーな県民(府民)共済などでは決算後の剰余金は割戻金として戻ってきます。相対的に見ても掛け金負担は少なくある程度の保障はカバーできると言えます。

学資保険のメリットを考える

学資保険のメリット

学資保険のメリットの一つは、 契約者(世帯主・父親など)が亡くなった場合でも保険金を受け取れるという点です。

例えば、子供さんの学費として毎月2万円の貯金を行っても、 親御さんに万が一の事があった場合にはこれまでどおり貯金を実行する事は困難になる可能性があります。 つまり一家の大黒柱のお父さんに何かあった時には将来的な計画が成り立たなくなる可能性が高くなります。

その点、学資保険だと以後の保険料は払わなくて契約時の保険金額を受ける事が可能です。 ただし、『 必ず必要な保険である。 』という言い方にも少し語弊がある事も事実です。

この場合ならば、親御さんが掛け捨てでも良いので生命保険に加入すれば保障をカバーできる可能性もあります。 もちろん子供さんのケガの保障などでも子供さん用の保険に加入すれば良いわけです。

「 色々手厚い保障を考えたいけれど・・・、ウチの家計の状況が苦しくて・・・。 」 という人でも最低限の掛け捨ての保険などを選択して、可能な分だけ別に貯蓄していくという方法もあります。


保険費用が重荷という人は…
家計の状況やライフプランは人それぞれです。 もちろん、可能な限り全てに対して備えが出来ればいいのですがそうもいかないのが現実ではないでしょうか。

家のローンもあるし、 自動車も買い替え時期になりそう。 せっかく生まれたお子さんの将来のためですが、 自分達の将来設計もないがしろにはできないものです。

まずは学資保険のメリットをご覧になられて色々と他の選択肢も含めて検討してみる方法もあります。

学資保険に加入しない場合のデメリットを考える

色々と記載させていただいていますが 『 結局は学資保険は必要ないの? 』という疑問が頭に浮かぶ人もいらっしゃるかもしれません。

最終的には「 選ぶ 」・「 選ばない」は個人の判断になりますが、 念のために学資保険に加入しない場合の学費の準備に対する懸念事項を挙げさせていただきます。

毎月きちんと預貯金できますか?
生まれてすぐの子供さんの学費が必要になるまで、 きちんと預貯金を実行するには根気と固い意志が必要です。

他の急な出費に預貯金を使ってしまう可能性はありませんか?
「ついつい・・・」 という事では子供さんの学費の積立額が満足な額に達しない場合も出てくる可能性はあります。

上記のような懸念材料は学資保険に加入すれば解消される可能性は高いです。 契約時に一度設定してしまえば後は自動的に引き落とされ満期時には予定した額が返戻されるので安心といえるのです。

ただし、学資保険の選ぶ際にもきちんと 学資保険のデメリットを理解 しておく必要があります。 ※重ねて記載致しますが、最終的には「 選ぶ 」・「 選ばない」は個人の判断になります。

スポンサードリンク