top画像左
top右

今の学資保険を選んだ理由

学資保険を比較検討する際には「他の人の意見」というのも一つの大きな目安になります。学資保険を比較検討しているご両親にとって最適な選択肢をチョイスする為の考え方とヒントをご提案させて頂いているページです。

多くの割合の人が重要視したポイントとは

学資保険(こども保険)に求めるポイントで、多くの世帯のご両親が重要視しているのが貯蓄性です。 『 下手な金融機関で貯金するよりも積極的に保険を利用した方が有利 』という昨今の事情が色濃く出ているのかもしれません。

みんなはどんな理由で保険に加入したの?

独自調査で行ったアンケート結果では、 約64%の世帯の方が学資保険(こども保険)に加入されています。 (※n=約50世帯) その中で、実際に保険に加入されている32世帯の方に、現在加入している保険を選んだ理由を尋ねてみました。

学資保険の魅力

上記の結果から見ると約半数以上の方が貯蓄性を重視している事がわかります。 しかも、きちんと色々な保険を吟味して、最終的には現実的な選択をしている事情も読み取れます。

次に多いのが評判を確認してから加入するというパターンです。 割合にして約22%ですが、 知り合いなどの確かな情報源から情報を収集するという行動をしている人も多い事がわかります。

以上の事から判断すると、多くの世帯のご両親の方が学資保険を貯蓄の手段として考えている、 と同時に評判などの要素も重要な判断材料として捉えている事情があると考えられます。


やっぱり重要な貯蓄性

学費をどのように工面するか?と考えると選択肢は限られます。 根本的には少しずつでも貯蓄していくか、必要な時期に教育ローンなどで借り入れるかという事になります。

あるいはこれらを併用して一時期に多額のお金が必要な時期を乗り切る事が一般的です。 たとえ進学ローンなどを利用する場合でも、ある程度貯蓄があればそれだけ借入れの総額は少なくて済みます。

学資保険(こども保険)は各保険会社が色々な商品を取り扱っていますが、 どれが「良い」・「悪い」という事はありません。

それよりも、どの商品を選択すれば一番自分達のニーズに合っているか?という考え方で選択する事が重要です。

最適な学資保険選びの為に

当サイト別ページのコンテンツでも紹介させて頂いていますが、 教育ローンと学資保険の比較をすると、 明らかに学資保険(こども保険)で学費を準備する方が有利な場合が多いです。

例えば、200万円の学費を準備するならば教育ローンは借りたお金に利子を付けて返済する必要があります。 しかし、返戻率100%以上の学資保険を利用するならば200万円以下のお金を積み立てるだけでそれだけの学費が準備できます。

学資保険は貯蓄という意味合いがとても強いです。 子供の成長に合わせて各ご家庭の学費準備のプランを考える事がまずは一番重要なことです。

学資保険が約64%の世帯の方が利用している理由は(※当サイト調べ)、

無理なく保険を続けられる
学費の積立ができる
保険料払込免除の特約
子供さんの保障の面

などが大きな理由の割合を占めています。 つまり、各世帯がそれぞれの将来的なライフプランを視野に入れながら、 保障の面や学費の準備などの面で無理の無いように現状考えられる一番最適な選択肢を選んでいると言えます。

ですので、最も重要な事はご自身の世帯の事情をよく考えて保険をチョイスする事です。 あくまで他の方、他の世帯の事情は参考程度に考えて間違いのない選択肢を選ぶ事が大切と言えます。

スポンサードリンク