top画像左
top右

契約者が万一の場合には?

学資保険を比較検討していらっしゃるご両親様の多くが重視しているメリットの一つが保険料払込免除の特則です。学資保険を比較する以前に理解しておきたい大きなメリットである保険料払込免除特則とは?を解説させて頂いています。

学資保険に加入する最大のメリットの一つ

学資保険の魅力を貯蓄性に感じる人も多いです。 しかし、契約者に万が一の事があった場合に、以後の保険料を支払わずとも保険金を受け取れる点なども大きなメリットの一つです。

これは単なる金融機関などで行う積立などでは得られない利点です。 その他にも学資保険の利点についての調査がありますので参考にして下さい。

契約者が万一の場合

※身近な世帯やWEBアンケートをまとめた独自資料より(n=約50世帯)

単なる預貯金では得られない安心という保障

独自調査で行ったアンケート結果では、 約64%の世帯の方が学資保険(こども保険)に加入されています。 (※n=約50世帯) その中で、実際に保険に加入されている32世帯の方に、現在加入している保険の魅力を理由を尋ねてみました。

上記の結果から見ると、手軽な金額で始められる点、 つまりそれぞれのご家庭にあわせた保険料で始められる事が魅力だったという人が多いです。

次に、やはり貯蓄性を重視している方が多い事がわかります。 そして三番目に保険料払い込みに関する免除の特則について魅力を感じている人も多いです。

『 保険料払い込みに関する免除の特則 』というと仰々しく聞こえるかもしれません。 しかし、簡単に申し上げると、 要するに保険の契約者に万が一の事があれば以後の保険料の支払いは免除される、 と同時に契約時に定められた学資金が満期時に支払われるという事です。

納得の上で選択肢を選ぶ重要性を考える

上記に記載させて頂いた通り、契約者に万が一の場合があった時の事を考えると、 学資保険(こども保険)は安心できる材料が揃っています。 しかし、こういった不測の事態に備える方法は他にも存在します。

例えば、当サイト別コンテンツである 『 学資保険の必要性とは? 』 でも解説させて頂いておりますが、 親の保障は掛け捨ての安い保険に加入するという事でクリアできるという考え方もあります。

重要な事は、各保険会社が提供している学資保険(こども保険)のみを比較するだけでなく、 色々な選択肢を比較・検討した上で自分自身の世帯の事情に合わせたモノをチョイスするぐらいの余裕は持ちたい、という事です。

考え出したらキリがない保障と積立

世間一般には、保険商品はそれこそ星の数ほど存在します。 家計の事情にゆとりがあれば『 あれに関しても備えておきたい 』、 『 これに関しても備えておきたい 』と色々考える事も可能かもしれません。

しかし、実際には支出に関して、可能な限り切り詰めなければならない家庭が多いのが大方の台所事情です。 余分な余裕は一切ない。という世帯も多いのが現実なのです。

学費の積立に関しても同じ事が言えます。 将来の子供さん一人当たりの教育費を計算すれば、恐らくちょっとでも積立額を増やしておく事は必須です。

それでも、将来の事よりも今日・明日の生活にもお金が必要な事は多いです。 だから、必要な出費を計算して贅沢などの浪費を食い止めるべく節約志向になる人も多いのです。

ダブルインカム、つまり共働きで世帯の収入自体を増額できれば、 支出に対しては余裕は出ますが時間的なゆとりなどは逆に減少する可能性も高いです。

最終的には、どこまで最優先事項を整理できるか?という点が問題解決の根本と言えるかもしれません。 そして保障と積立に関しては、それぞれの御世帯の事情に合わせて柔軟に対応する必要があるとも言えるでしょう。

スポンサードリンク