top画像左
top右

途中解約した経験を活かして

学資保険の見直しを考える際のヒントを提供させて頂いております。学資保険の見直しでヒントとなるような考え方と、これ以上失敗しない為の比較検討すべきポイントなどを解説させて頂いております。

途中解約する事に対しての注意点とは?

こども保険(学資保険)に加入しているが、 途中解約を検討している場合の注意点について少し考えてみたいと思います。

色々なケースが考えられますが、 ここではシンプルに、途中解約して他社に乗り換える場合について記載させて頂きます。 現状にあてはまる方は、参考にして頂いて今後の行動のヒントにして頂ければ幸いです。


他社に乗り換えるケースとその理由

加入した後に、選択肢を誤ったと気付く場合も少なくありません。 これは、返戻率などを比較して貯蓄性を確認しておけば回避できる問題ですが、 後から事実を知ることも実際にはあります。

他社に乗り換える場合の注意点

この場合、途中解約する保険に関して、 ほぼ確実にこれまで払い込んだ保険料分はかえってこない事を理解しながら行動する必要があります。

さらに、解約する際の子供さんの年齢によっては乗り換える学資保険の年齢制限に引っかかったりする場合もあります。 これらの点に関しては、事前に確認しておくべき項目の一つです。

途中解約した場合の払込保険料に対する返還額は各保険会社のプランによって違います。 必ず契約書関連の書類に目を通して確認するか、 保険会社に問い合わせして判断したいものです。

『 無理なく 』・『 無駄なく 』より最適な保険選びのコツとは?

学資保険選びは新規に加入を検討されている方も、 途中で見直しを考えて乗換えを検討されている方も重視すべきポイントは同じです。

当サイト別コンテンツポイントを抑えた選択の為に で解説させて頂いている通り、目的を明確にする事と、金銭面での計画をキッチリと把握する事です。

学資保険は通常の生命保険などとは違います。 極端な話、ある種の部分で資産運用的な要素が強いです。 きちんとプランを狙って申込めば、計画性のある貯蓄が可能な魅力もあります。

世帯全体の収入が限られている中で、 最大限に効率的な方法で学費の準備が行え、その有効な運用ができる点は理想と言えるでしょう。

これに関しては

当サイト別ページ『 一番良い学資保険とは? 』 でも解説させて頂いている通り、 自分の世帯に見合った金額が積み立てられる点、 貯蓄性が高い点、などを重視している方が多い事から読み取れます。

保険の見直しの大半は無駄を省く事が目的

学資保険は貯蓄という意味合いが強いですが、 保険はあくまで万が一の事があった時に備える為のモノという考え方が基本です。

ですのである時期ごとに、 重複した保障などを見直す事が無駄を省く為には一番有効な方法です。 人生において、多くの人が自然に『 保険を見直すきっかけ 』としている場合が多い時期が下の三点です。

保険の見直し

多くの人が、 これまでの生活から変化があったりした時に保険を見直す事が多いです。 つまり、それだけ上に挙げた三点の時期が、 節約や家計の無駄を見直す必要がある時期と言えるかもしれません。

もっといえば、学資保険もお子さんの年齢的な問題などをクリアしている場合、 乗り換えによって返戻率が上がりトータルで学費の貯蓄性が増えるのであれば、 積極的に行動する事も一つの選択肢であると言えるでしょう。

スポンサードリンク