top画像左
top右

学資保険の「元本割れ」について

学資保険の加入を検討しているお父さんやお母さんに一番最初に確認していただきたいのが元本割れに関する項目です。貯蓄性を住して学資保険の加入を考えるなら元本割れについて確認しおいたほうがベターです。

冷静に確認したい元本割れに関する項目

子どもが生まれて実際に検討中の方も多いのが「学資保険」です。それまでは無関心、というか無関係だと思っていた保険がお子様の誕生で一気に関心の高まるものに変わります。

その理由はなんでしょう?

答えなんてはじめから決まっていますよね。

お子さんが成長して将来の学費に備えるためです。学費は正確に計算すればするほど頭がクラクラするくらいの金額になります。

そういった将来の学費への備えと一定の保険を兼ね備えたのが学資保険です。

もちろん、加入を検討するすべての人が申込みをするワケではありません。貯蓄が目的なら自分たちで預貯金を毎月行えば済みますし、簡易的な保険なら共済などの掛け金の低い保険などを併用すればいいからです。

それでも学資保険にはメリットもあります。

加入後に保険料支払者の死亡や高度障害など万が一のことがあると、保障がそのままに以降の支払い義務がなくなる商品なども存在します。これはメリットのひとつです。

こういった安心感を得るという側面も軽視できません。

ただ、学資保険のなかには「元本割れ」をする保険も多いので注意が必要です。元本割れするかどうかを見極めるには返戻率を確認することが一般的です。

難しそうに聞こえる「返戻率」という言葉ですが、要するに険料として支払った総額(払込保険料総額)より、 返ってくる保険金(将来給付されるお金)の割合です。

100%を下回った場合には総支払額よりも受け取る金額の総額が少なくなるということです。この状態が元本割れなのです。

学資保険の役割には「保障」と「貯蓄」の両方があります。

これは申込みを検討するレベルのお父さん、お母さんならすでにご存知のことだと思います。

貯蓄性の高い学資保険を選んで、医療特約等で保障性を高めて保障を手厚くする方もいらっしゃいます。必要性を感じて特約を付けたりする選択肢を選ぶのも悪くはありません。

しかし、意図せずそういった状態になってしまって契約途中で解約したりすると元本割れの可能性が出てきますので申込み前に必ず確認したいです。

特に今は低金利時代です。

保険会社各社とも資金の運用先は豊富に選択できる状況でもありません。魅力的な資金の運用先が少なければその分だけ保険の内容にも跳ね返ってくるのです。

つまり、一昔前と比較しても魅力的な返戻率の学資保険が少なくなってきており、元本割れの保険が目立つ状況になってきているのです。

「周りが入っているから自分たちも」

安易な考えから加入を決めるのではなく、保険は加入者の生活スタイルに合うか、必要かどうかをそれぞれの加入者が検討する時代になってきていると言えるかも知れません。

学資保険の元本割れに関してのまとめ

必要な保障や特約などを付けて安心感を重視して元本割れを承知して申込むのは個人の考え方の自由です。

しかし、加入後の保険の見直しで気づいた場合にはそれだけ損をすることになります。

貯蓄性を最重要と考えるならば元本割れの保険は選択肢から外したり、余計な特約などをつけないという考え方で選ぶことで失敗を回避できる可能性が高くなります。

スポンサードリンク