top画像左
top右

学資保険比較・検討サイトtop

学資保険比較・検討サイト

学資保険を利用するにはどこが一番有利か、返戻率・条件を比較して検討したい人。学資保険の申し込みを検討している人にとって最適な情報・比較情報を提供しています。

学資保険を賢く比較する為に知っておきたい事

他の家族は実際にどれくらいの割合で加入しているの?

学資保険加入率 学資保険は必ず加入しなければならない保険ではありません。 しかし、独自調査で行ったアンケート結果では、約64%の世帯の方が加入されています。

赤ちゃんが生まれて、初めての育児で四苦八苦しておられるご両親様も、 学費に関してしっかりと備えをしている事情が見えてきます。

そうなのです。お子様の将来を考えれば現実問題として、 教育費など将来の事を考えないわけにはいかないのが現実なのです。

新しい家族が増えるという事は、生活スタイル・環境・保険などを見直すひとつのきっかけになります。 実際に、学資保険もお子様が生まれたご家庭ならば、出産をきっかけとして多くが利用する保険と言えます。


学資保険に加入しなかった世帯の考え(方針)

次に、学資保険に未加入の世帯の理由を分類したグラフをご紹介いたします。

学資保険未加入の理由 「学資保険未加入の理由」のグラフをご覧下さい。 『金銭的な事情』と、『条件的な制限など』が未加入の理由の上位です。

学資保険に未加入の約72%の世帯が、興味があったが未加入という事がわかります。

つまり、学資保険に加入していない世帯の事情は、その多くが、経済的・時期的な理由であるのです。

上記の事から、学資保険の加入には前向きであっても、 経済的な事情で加入しなかった人が割合的に一番多い事がわかります。

さらに、保険の事を知った時期が遅くて、加入を断念した人も意外と多い事も読み取れます。 こちらも時期が早ければ加入していた可能性が高いと言えます。


学資保険を選択する際に重視したポイントは?

学資保険やこども保険は、多くの保険会社から色々な商品が出ています。 ご利用を前向きに検討されている方も、学資保険選びにはなかなか迷うのが実情です。

学資保険(こども保険)に感じた魅力 「学資保険を選択する際に重視したポイント」に関する表は、独自調査で行ったアンケート結果の一部ですが、 学資保険に関しては以下の点を重要視した人が多いです。

無理なく保険を続けられる
学費の積立ができる
保険料払込免除の特約
子供さんの保障の面

まずは基本的な事柄からきちんと理解されて、 ご自身のご家庭の状況に応じた『 最適な保険選び 』が出来ればいいのですが、 実際には色々な不安があるものです。

これから学資保険を比較してみようと思われている方や、 すでに色々と検討しているが今ひとつ不安、という方はこれらを参考にしてみて頂くと良いでしょう。

失敗しない学費保険選びの為の知識

将来の教育費に不安を感じて情報を収集することは、 多くのご両親にとっては普通の感覚です。 特に、子供さんが小さいうちから計画的に準備しておく事で、 より負担が少なく積立なども実行できる可能性が高くなります。

だから、申込みを前向きに検討されていらっしゃるのであれば、 可能な限り早い時期に負担の少ない設定でも始めておく事がベターといえるでしょう。

とはいえ、初めての学資保険選びは多くの疑問と数々の不安がつきものです。 当たり前の話ですが、殆どの方が始めての経験だからです。

学資保険の比較と検討での多くの疑問・そして不安

解らないことがわからない。
「学資保険の種類は?根本的にどのようなもの?」

基本的な事への不安。
「申込みの方法は?保険料の支払い方法は?」

申込みプランに対しての不安。
「どれくらいの金額が適切なの?掛け金の設定は?」

素直に誰かに聞きたいこと。
「どこが一番有利なの?いつ申し込めばいいの?」

お隣さんにも気軽に聞けない。
「みんなはどうしてるの?何を基準に選んだの?」

など、学資保険を比較・検討する際には分からない事がたくさんあります。

「学資保険比較・検討サイト」ではそういった基本的な悩みから、 その解決情報まで細かく提供しています。もちろん情報は無料で公開しています。

「当サイト」の情報がご両親のライフプランの設計と、学費の工面に関して少しでも解決材料になれることを願っております。

スポンサードリンク